マタニティ歯科

これからの方も、妊娠中の方も、ママの方も

~今だから出来る子どものための歯科治療~

マタニティ歯科とは?

皆さん、実は母子手帳に歯科のページがあることはご存知ですか?
歯周病がひどい妊産婦さんは、健康な妊産婦さんと比べて、早産や軽体重児出産のリスクが7.5倍にも跳ね上がるというデータもあるのです。
つまり、お口の健康は自身だけでなく、生まれてくる赤ちゃんに大きな影響を与えてしまうのです。

これから赤ちゃんが欲しいとお考えの方へ

これから赤ちゃんを授かる方も、お口の健康はとても大切です。早産のリスクを減らす理由もありますが、妊娠を望む今だからこそやっておくべきことがあるのです。妊娠中にももちろん歯科治療は可能です。ただ、妊娠中は体調の変化が多く、横たわることが大変になっていきます。
そのため、自身が大変な思いをしないためにも、今、口腔内に不安がある方は特に早めの診察をお勧めします。

妊娠中の方へ

妊娠中の方は自身のお口の状況が変わってしまっている感覚がある方も多 いのではないでしょうか?妊娠中、特に怖いのは先の通り「歯周病」になりま すが、他にも様々なことに気をつけなければなりません。 例えば、妊娠中の方はこんな心当たりはないですか?

  • ツワリなどにより食事の回数が増える
  • 歯ブラシが気持ち悪くて歯をしっかり磨けない
  • カラダがだるく、歯ミガキがしていられない
  • 胃酸により歯が溶かされる
  • ツバの性質事体が変わってしまう
  • ホルモンバランスの変化で、「妊娠性歯周炎」になりやすくなってしまう
  • 赤ちゃんに影響がないか不安で、ただでさえ避けがちな歯医者をさらに避けてしまう

これらの影響により、妊娠を境に歯を悪くしてしまう方は非常に多いのです。

●マイナス1歳からの虫歯予防

また、歯周病菌も虫歯と同じで感染症の一種です。
赤ちゃんのいる子宮には、ママからたくさんの血液が入りこんでいます。そのためママに感染があると胎盤を通しておなかの赤ちゃんに感染することがあります。
そのため、おなかの子の虫歯予防は今からお母さんが行うべきなのです。

ママの方へ

以前のように、歯科検診へ行くのも大変だと思います。その分、お家で出来るケアをしっかりとしましょう。
生まれたての赤ちゃんの口腔内に虫歯菌がないことは近年よく広まっていると思います。つまり、赤ちゃんの周りの人が、虫歯菌を持っていなければ、それだけで赤ちゃんが虫歯になるリスクを大きく減らすことができるのです。
そして、赤ちゃんの歯が生え始めたら、一緒に歯磨きをしましょう。虫歯で困る子にしないためにも、歯磨き習慣は非常に大切です。
また、歯医者さんでのフッ素塗布など、赤ちゃんの今だからこそ一番効果がある治療などを行いましょう。

マタニティ歯科Q&A

  • 妊娠期の歯の治療はおこなってもいいの?
  • 妊娠初期、妊娠後期はなるべく避けましょう。
    一般的には妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。その他の時期でも、お母さんの体の状態や治療内容によっては可能ですので、まずは、かかりつけの産婦人科の先生に相談をしましょう。そして、歯科検診を行う際は、必ず妊娠何週目なのかは伝えて下さい。
  • 妊娠期にエックス線撮影は可能ですか?
  • 可能です。
    歯科治療で行うエックス線撮影の放射線量は、1年間に人体が浴びる自然放射線量に比べて微量です。しかし、何事も備えが大切です。なるべく最小限に留めましょう。
  • 妊娠期の麻酔は可能ですか?
  • 可能です。
    歯科治療の局所麻酔は、おなかの赤ちゃんへの危険性がほとんどないことが報告されています。また、痛みというストレスの影響を考えれば、局所麻酔は使用した方がいいでしょう。
  • 妊娠期に痛み止めや、化膿止めのお薬は飲んでも大丈夫ですか?
  • なるべく、服用しない方がいいでしょう。
    基本的には、妊娠中は薬を服用しない方向で考えています。ですが、薬を使用しないことがストレスになる場合等悪影響の方が強いと考えられる場合は、赤ちゃんに影響が少ないお薬を最小限処方することがあります。
  • 赤ちゃんの歯磨きはどのタイミングで始めればいいですか?
  • 歯が2 本生え始めたら早速歯磨きを行いましょう。
    最初は、ガーゼなどで、軽く汚れを取る程度で構いません。奥歯が生え始めたら、毛先の柔らかいブラシで、大人が優しく磨いてください。
  • 赤ちゃんの歯磨きで注意することはありますか?
  • 毛は柔らかめで密集しているものを選びましょう。
    また、毛先は細い・丸ではなく毛先が滑らかに処理されているものでカットはギザギザではなくフラットになっているものが最適です。歯磨き粉に関しても、ジェル状で泡立ちしにくいものがいいでしょう。
    反対に、大人用の歯磨き粉や、ミントのものは刺激が強いので、避けましょう。
  • 子どもの虫歯予防には何ができますか?
  • 歯医者さんでフッ素塗布を行いましょう。
    フッ素は、歯の質を強くするので、虫歯予防に効果的です。特に、生えたての歯はフッ素の取り込みが早いと言われています。自宅でのフッ素ジェルの使用も効果的です。

おちデンタルクリニック長久手のマタニティ歯科

おちデンタルクリニック長久手では、どんな年代の方、どんな状況の方でも心地よく通えるようになっています。
そのため、もちろん妊婦の方でも子供でも通いたくなるようになっています。

子供の安心・安全を考えた最新の歯科治療とは

歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、ホワイトニング

おちデンタルクリニック長久手

■所在地
愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内
5・10・11 街区 イオンモール長久手本館1F
■休診日
水曜日

地下鉄・リニモ「藤が丘」駅から7分。
リニモ「長久手古戦場」駅から直結。

電話予約

Web予約

LINE矯正相談

午前10:00~13:00 午後15:00~20:00
※日・祝の午後は14:00~18:00

ページトップへ