アロマ

歯医者からサロンへ

おちデンタルクリニック長久手では、患者様により快適に来院していただくために、様々な試みをしています。
皆さん、歯医者にはどんなイメージを持たれますか?
「怖い」このイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
では、この「怖い」イメージはどこから来るものでしょうか?
それは、「痛い」「高音」「匂い」この3 点だと思います。この3 点は歯医者にはどうしてもついて回るものだと思っていませんか?

実は、今の歯医者は痛くないのです。もちろん、痛みがゼロになることはありません。しかしながら、歯科の技術の進歩、器具の発展により昔よりだいぶ「痛み」という点においては軽減されています。

次に、「高音」はどうでしょうか?こちらに関しても、昔に比べ軽減されています。高音を出すのは、タービンという歯を削る機械ですが、今の機械はあの不快音を抑える加工をしてあります。

では、「匂い」に関してはどうでしょうか?実は、ほとんどの歯医者では、この「匂い」に関しては何も対策を取っていません。
なぜでしょう?
それは、「匂いは器具を消毒するためのもの」→「消毒は患者様の為に行うもの」
→「匂いが出るのはしょうがない」

このような考えを持つ歯医者がほとんどだからです。それは、はたして正しいのでしょうか?

おちデンタルクリニック長久手では、そうは思いません。もちろん、だからと言って、消毒をしなくていいとは思いません。では、どうすればいいのか、そこで思いついたのが「アロマ」です。

歯医者にアロマは必要か?

皆さん、あの消毒液の「匂い」が嫌いだからと言って、歯医者には「アロマ」は必要ないと思う方の方が多いかも知れません。
実は、歯医者だからこそ「アロマ」が必要なのです。なぜでしょう、それは「アロマ」の三つの効果によるものです。

Point 1. 心理的効果

「アロマ」には、不安や緊張を和らげる効果があります。
その鎮静作業により治療前のイライラを鎮める事が可能です。

Point 2. 消臭効果

「アロマ」の精油成分は、科学的にみると比較的不安定な物質です。そのため、悪臭物質と中和し消臭効果が期待できるのです。芳香剤などのいわゆる「マスキング」では、強い匂いで鼻を麻痺させ、匂いを感じなくさせる方法になるので、根本的な「匂い」は消える事はありません。「アロマ」の 場合は、根本から匂いの元を消すことができるのです。

Point 3. 抗菌・抗ウイルス効果

「アロマ」の芳香成分は、空中の病原菌に吸着し活動を阻止する作用があります。これは、芳香成分がウイルス表面にある糖タンパク質に吸着することで、宿主細胞表面への接着を阻止することができるためと考えられています。

以上3 点が、おちデンタルクリニック長久手で「アロマ」を導入している理由です。

患者様のためを思えば、消毒は避けられないことです。それは当たり前です。おちデンタルクリニック長久手では、さらに患者様のことを思い環境を整える事に余念がありません。患者様に何ができるのか、患者様に不快な思いをさせないためにどうすればいいのか、日々考える中でたどり着いたのが「アロマ」なのです。

おちデンタルクリニック長久手に来ていただける方は、性別も年代も様々な方がいらっしゃいます。
そんな、皆さんが、不快な思いをすることなく通える歯医者には、消毒液の「匂い」も芳香剤の「匂い」もそぐわないのです。
特に、場所柄、買い物に疲れた方もいらっしゃいます。そんな方に、歯医者なのに「癒し」を体験できる空間作りを目指しています。

買い物をした後だからこそ、「癒し」を求めてぜひ、おちデンタルクリニック長久手へお越し下さい。

歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、ホワイトニング

おちデンタルクリニック長久手

■所在地
愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内
5・10・11 街区 イオンモール長久手本館1F
■休診日
水曜日

地下鉄・リニモ「藤が丘」駅から7分。
リニモ「長久手古戦場」駅から直結。

電話予約

Web予約

LINE矯正相談

午前10:00~13:00 午後15:00~20:00
※日・祝の午後は14:00~18:00

ページトップへ