インプラント

インプラントとは?

近年、ブリッジや、入れ歯からインプラントに変える人が増えていますが、どういった治療なのでしょうか?

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋 め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて1本1本作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりません。

メリット・従来の治療との違い

インプラント治療の最大の特長は、「健康な歯を削る必要がない」こと、「自分の歯と同じように噛むことができる」ことです。

他にもメリットとして

見た目が美しい

自分の歯と合せて作るので色も形も見分けがつかないように作ることができる。

食事がおいしく食べられる

自分の歯と変わらない感じでしっかりと噛むことができるので、食事がおいしく食べられる。

自分の歯が保護できる

余計な歯を削る必要がなく、また、他の歯に金具をつける必要がないので、歯が保護できる。

お手入れが簡単

自分の歯と同様に歯磨きができる。また、外す必要がないので、手入れをする場所を気にする必要がない。

自信や積極性が回復する

外れる心配もなく、外食や旅行に行く際の心配事を減らすことができる。

上記が挙げられるでしょう。では、なぜ、こんなにもメリットが多いのでしょうか?
従来の治療法との違いから見ていきましょう。

ブリッジ治療の場合、短期間で出来るという利点はあるものの、両側の健康な歯を橋桁として使うため、健康な歯を40~70%削る必要があり、噛む力が20~30%低下してしまいます。また、削った歯までも虫歯や歯周病になってしまったり、両側の歯の負担が大きいため、割れてしまうこともあります。そして、歯がない部分の骨が痩せこけていってしまう可能性もあります。

インプラントの場合は、治療期間が、ブリッジに比べ長くなってしまいますが、健康な歯を削る必要がなく、固定性であるためガタついたりせず、従来の自分の歯のように噛める力が回復します。また、自分の歯に合わせて作るため見た目の違和感もなく、きちんとした手入れと定期的なメンテナンスを続ければ、その治療効果は半永久的に持続します。

インプラントのデメリット

もちろん、インプラントもメリットだけではありません。デメリットも十分に理解する必要があります。インプラントのデメリットとしてあげられるのが長期の治療期間を必要とすること、外科処置が必要なことが挙げられます。インプラントは骨の中に人工歯根を埋め込むため、場合によっては腫れや痛み、内出血などが起こることがあります。また、手術の時、大きな神経や血管を傷つけてしまうと出血が止まらなかったり、麻痺が残ってしまうことがあります。

治療の流れ

おちデンタルクリニック長久手のインプラント

おちデンタルクリニック長久手では、患者様の負担を減らすために最新の機器を導入しています。
その中の一つに、歯科用CTスキャンとノーベルガイドがあります。通常のX線レントゲンでは、2次元の平面撮影になるため、顎の構造などを正確に理解することに限界がありますが、歯科用CTスキャンを使うことにより、3次元の立体的な診断が可能になります。
また、歯科用CTスキャンにプラスして、ノーベルガイドを使うことで、立体的な診断だけでなく、どの位置に血管・神経があり、どの角度でどの深さにインプラント体を打ち込めばいいのか、「見える」ようになります。

より安全にインプラント治療を行うためには、治療する歯の周りの骨の状態を知ることが大切です。
CT画像は、顎の骨の立体的な形態や、神経の位置を把握するほか、骨密度の診査などにも利用されます。治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行うことで、インプラントが入る前と入った後の顎の骨の状態を確認することが可能です。

しかし、安心・安全を追及する事に終わりはありません。そこで、ノーベルガイドを合わせて使い、骨の状態を確認するだけではなく、その情報を元に、どう治療を進めることが一番安全なのかをシミュレートすることにより、従来の治療法のような術者の感性、感覚に頼り治療するのではなく、確信のある正確性を携えた治療に、挑むことができるのです。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

審美性

インプラント ブリッジ 入れ歯
天然の歯とほぼ変わらない。最終的に被せる人工の歯にセラミックを使用すると、とても自然で綺麗な仕上がりになる。 見た目の違和感は少ない。セラミックを使用すればさらに綺麗な仕上がりになるが、インプラントと同じく保険外になる。 バネが見えるとすぐに入れ歯とわかってしまう。口を開けると上の入れ歯が落ちることもある。

噛む力

インプラント ブリッジ 入れ歯
天然歯とほぼ同じ咀嚼力に回復できる。 支えとなる歯の状態で異なるが、天然歯の6割程度。 噛む力は天然歯よりも大きく低下してしまう。

味覚への影響

インプラント ブリッジ 入れ歯
特に天然の歯と変わらない。 特に天然の歯と変わらない。 熱を感じにくいため、味を感じにくい。

他の歯への影響

インプラント ブリッジ 入れ歯
他の歯に影響しない。 支えとなる歯に負担をかける。 部分入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかる。

外科的治療

インプラント ブリッジ 入れ歯
手術が必要になる。 必要ない。 必要ない。

費用/保険適用

インプラント ブリッジ 入れ歯
保険外。
費用は他の治療に比べると高くなる。
保険適用範囲内なら安価。しかし見た目を良くしたい場合は保険外になる場合がある。 保険適用のため、安価。

治療期間

インプラント ブリッジ 入れ歯
治療期間が長くなる。 短期間で治療可能。 短期間で治療可能。

顎の骨の吸収

インプラント ブリッジ 入れ歯
骨吸収を防ぐ。顎の骨が痩せない。 歯を失った部分から『骨吸収』が始まり、顎の骨がやせていく。 歯を失った部分から『骨吸収』が始まり、顎の骨がやせていく。

治療後の問題点

インプラント ブリッジ 入れ歯
一度インプラントと顎の骨が結合すると、非常に安定性がよく、歯周病に気をつければとても長持ちする。 歯茎の状態によっては作り直しになる場合がある。隣の歯を削らなくてはならず、削った歯が虫歯になってしまうと全てやりなおさなくてはならない。 歯茎は柔らかく変化しやすいため、時間が経つと合わなくなることが多くある。その度に調整が必要。

耐用年数

インプラント ブリッジ 入れ歯
お手入れを怠らなければ約30年でももたせることが可能。歯周病に気をつける必要がある。 平均8年程度と言われる。ただし、顎の骨のやせかたにより変わる。 約7~8年。歯茎がやせて合わなくなっていくことが多い。

インプラントQ&A

  • インプラントに年齢制限はありますか?
  • 個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされている方であれば、どなたでもインプラント治療を受けることができます。
  • インプラント手術は痛いですか?
  • 口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。ただし、麻酔が切れてからの傷口の痛みが全くないわけではありません。手術後に痛みや腫れが出る場合がありますが、通常はすぐに治ります。
  • 手術後のお口のお手入れはしなくていいのですか?
  • インプラントの寿命は、お口のお手入れの状態で決まります。歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)を必要とすることもあります。担当医や、衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけてください。
  • インプラント手術のために入院する必要がありますか?
  • インプラントを埋め込む手術は、麻酔を使いますが、通常は入院の必要はありません。手術当日に帰宅できます。
  • インプラントはどのくらい持ちますか?
  • インプラントはチタン製で丈夫にできています。定期検診と毎日のお手入れ次第で長期間ご利用いただけます。

インプラント無料相談

インプラントについて随時ご相談を受け付けておりますので、歯を失われた方はご検討ください。相談は無料です。

Web予約:予約ページ(E-PARK)

※「気になる相談内容」にて「インプラントの相談」を選択してください。

電話予約:0561-76-5302

歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、ホワイトニング

おちデンタルクリニック長久手

■所在地
愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内
5・10・11 街区 イオンモール長久手本館1F
■休診日
水曜日

地下鉄・リニモ「藤が丘」駅から7分。
リニモ「長久手古戦場」駅から直結。

電話予約

Web予約

LINE矯正相談

午前10:00~13:00 午後15:00~20:00
※日・祝の午後は14:00~18:00

ページトップへ