用語集

虫歯

  • ミュータンス菌

    • 糖質を分解し、ネバネバした物質を作る虫歯の原因となる菌。生まれたばかりの赤ちゃんには存在せず、他者とのスプーンの共有などで感染する。

  • グルカン

    • ミュータンス菌が糖質を分解し作られるネバネバした物質。これが、プラークとなる。

  • プラーク

    • 歯垢。虫歯や歯周病の原因となる物質。

  • 歯石(しせき)

    • 歯垢に唾液中のカルシウムなどが付着し固まったもの。歯ブラシでは除去できないので歯科医院での掃除が必要。

  • 脱灰(だっかい)

    • 虫歯菌の作り出す酸が歯の表面を溶かしだす作用。

  • 再石灰化(さいせっかいか)

    • 唾液中のカルシウムやリンが歯に付着して、脱灰が起きた部分を修復する動きのこと。

  • 齲窩(うか)

    • 虫歯によりできた穴。

  • 二次カリエス

    • 詰め物、かぶせ物で治療した歯の残った歯質がまた虫歯になること。

  • 歯根膜炎(しこんまくえん)

    • 虫歯の進行により、歯根膜が炎症を起こす病気のこと。

  • 歯髄炎(しずいえん)

    • 虫歯が歯髄まで進行し、ズキズキとした痛みを伴う症状。

  • 智歯周囲炎(ちししゅういえん)

    • 正常に生えてこなかった親知らずと、その周囲の歯肉との隙間に汚れや細菌が溜まり、炎症が起きている状態。

  • C(シー)

    • 虫歯。ミュータンス菌の作り出した酸により、歯からカルシウムやリン酸が溶けてしまい、歯が失われていく病気。カリエス(caries)の頭文字。

  • CO(シーオー)

    • 要観察歯。エナメル質が溶けている状態で、衛生状態の改善により自然治癒が期待できるため、治療は行わずに様子をみる。

  • C1(シーワン)

    • 虫歯の初期段階、エナメル質部分が虫歯によって浸食されている状態のこと。1~2回の治療で治せる。

  • C2(シーワン)

    • 虫歯の進行が、象牙質まで達した状態のこと。まだ1~2回の治療で治すことが出来る。

  • C3(シースリー)

    • 虫歯が歯髄にまで進行した状態。根管治療を要すため、治療に時間がかかる。

  • C4(シーフォー)

    • 虫歯によって歯冠部分が失われてしまい、根の部分だけが残っている状態。ここまでくると歯を残すことが出来ない場合が多い。

歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、ホワイトニング

おちデンタルクリニック長久手

■所在地
愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内
5・10・11 街区 イオンモール長久手本館1F
■休診日
水曜日

地下鉄・リニモ「藤が丘」駅から7分。
リニモ「長久手古戦場」駅から直結。

電話予約

Web予約

LINE矯正相談

午前10:00~13:00 午後15:00~20:00
※日・祝の午後は14:00~18:00

ページトップへ